上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のURL | --.--.--(--)--:-- | スポンサー広告 | 
今日は一日乱高下していた日だった。まず10時までに急落で売られ、堀江裁判の実刑判決が悪材料出尽くしとなって超短期底打ち。10時半から上海市場の上昇、後場に円安などが重なって日本株爆上げ。後場は円高と上海株急落に合わせて大幅下落、といった感じ。基本的に中期下げ相場に突入したと思って臨んでいましたが、それでも前場から後場にかけての急騰には驚いたし、2時過ぎの急落もここまで一気だとは思わなかった。中長期の思惑が交錯しているところでは流れを読むのが難しい。

新興市場に関して言えば、堀江裁判とUSJ上場の2つのイベントについて軽く考えていた。つまり今までの下落が堀江有罪を織り込みにいってUSJ上場の受け皿資金を作るための下落だったとすれば、今日が反転ポイントになる可能性もあったということだ。もう少しその可能性を高く見積もるべきだったと反省。ただし結果論ではその影響は軽微で、10時の実刑判決が日中のターンポイントとはなったけど、実際の値動きはほぼ先物連動オンリーであったので、弱気続行に見えます。

今日の取引は昨日の流れのままに売りポジションのスイング。アセマネの需給が終始強くて、朝の含み益から含み損となってしまった。前場に一部同値、後場に残りを損切りました。新日鉄は、後場に先物にあわせて急騰していたが、需給悪かったので売り増し継続。木村化工機は両建ての買いを外しましたが、慣れていないせいもあって409 410 440で買い外し、一時含み損ひどかった。何とか平均410くらいで買い戻し利確となりました。持ち越しは新日鉄の空売り3.5万株です。

資産ジェットコースターで前日比 +60 → -60 → +20 → -20 → +50 → +37で終了。順調だとは到底いえない荒い取引でした…。下げ相場では今までのように、現物で資産回転率を上げてパフォーマンスを伸ばすということが出来ない。暗中模索ですが、限られた信用余力でパフォーマンスを出来るだけあげるように、相場に合わせたリスクとリターンのバランスを取っていきたい。

-----------------
売持越 新日本製鐵 持ち越し
売持越 アセット・マネージャーズ -217000
売 木村化工機 +132300
売 新日本製鐵 持ち越し
売 ケネディクス +50000
売 ゼンテック・テクノロジー・ジャパン -54000
-----------------
18876784 +374,615

持越:新日本製鐵(売) 木村化工機(両建)
スポンサーサイト

この記事のURL | 2007.03.17(Sat)03:51 | 日々反省 | Comment : 00 | Trackback : 00 | 


 
プロフィール
カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
カレンダー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
 

てんぷれぇ~と by HemoSTATION
 テンプレート配布ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。